・外貨預金の10倍パワー!小資金で毎日1万円の金利収入!月30万円!初心者向けFX(外国為替証拠金取引)バイブル




・激動の時代を勝ち残る!プロに勝つFX投資バイブルFXのスキルアップマニュアル


・有料メルマガ イーグルフライ(FPネット)

戻る

企業の残業代抑制策に迫る!あらゆる手口の「実物」お見せします。

企業の残業代抑制策に迫る!あらゆる手口の「実物」お見せします。

人気ランキング :
定価 : \9,980
販売元 : 吉田 有甫
発売日 :

価格 商品名 納期
\9,980 企業の残業代抑制策に迫る!あらゆる手口の「実物」お見せします。

なぜ、100時間を超える残業をしても年収300万円しか稼げない人がいる中で、定時に帰ってスピード出世できるエリートビジネスマンが実在するのか・・・その秘密を知りたい人は他にいませんか?

それはどこの会社に就職しても、

どこの会社に転職しても、

必ず成功すると言うことです。

この内容に興味を持っていただいたあなたに、1つお願いがあります。

少しだけお時間を取って想像してみて下さい。

もし、あなたの会社での出世が約束され、さらに今までの残業時間が大幅に短縮されるとしたら、その権限と時間を何に使いますか?

出世できたなら

・嫌な上司にクチを挟まれることなく、自分の意見を直接言うことができる。

・同僚やライバルにも「さん」付けで呼ばれることなく、「○○部長」「○○取締役」と役職で呼ばれる。

・中間管理職や部下に全ての仕事を任せ、あなたは仕事の本当の管理だけに専念できる。

・給料アップし、家族サービスや部下を飲みに連れて行ける回数が増える。

・給料アップした資金を元に、今流行りのFXに投資できる。

・今の車のローンを完済し、役職者に相応しい憧れのベンツを手に入れる。

残業時間が減ったなら

・定時に帰って家族と触れ合う時間が持てる。

・余った時間で副業をし、さらに収入を増やすことが出来る。

・誰にも邪魔されず高級リゾートホテルで豪華宿泊をする。

 

権限と時間の使い道は人それぞれですが、ほとんどの方にとって、出世して残業時間が減ればこれほど嬉しいことはないでしょう。

そして、ここからが重要なのですが、実のところ出世することや残業時間を減らすことは、それほど難しいことではありません。

 

なぜなら、会社で働くすべての方は、たった一つのスキルさえマスターすれば、エリートビジネスマンの道を上り詰めることができるからです。

そして、そのスキルさえ覚えることができれば、上位役職者になれるだけではなく、今現在の給料を2倍以上にすることも可能なのです。

そのスキルとは、いったい何だと思われますか?

今後の収入を短期間で倍増させる“たった1つのスキル”とは?

 実は、エリートビジネスマンになるためのたった1つのスキルとは、企業側から見た人件費を学ぶスキルに他なりません。

 

「人件費」という視点であなた自身の給料を考えてみてください。

基本給から始まって、家族手当、住宅手当、通勤手当、退職金、残業代に至るまで、給料は「総額で考える」ということが、極めて重要な要素を占めているのです。

そのことに気づいたとき、あなたは、会社経営者は、すべてあなたに支払える人件費を総額で捕らえているということに気づくはずです。

そして、それだけではありません。

 

すべての会社経営者はそれらの手当を適切に支払わないことによるリスクを認識していることに気づくはずです。

つまり、年収数千万円以上稼いでいる役員、幹部社員は必ずと言って良いほど優れた人件費の配分を考えるスキルの持ち主でもあるのです。

経営者側から見た“人件費”のトレンド

もちろん、会社経営者が法律を犯すリスクを「見て見ぬフリ」し続けているワケではありません。

例えば、残業手当に関して2007年3月9日の日本経済新聞には、以下のような記事が掲載されています。

 厚生労働省は長時間労働を減らすための残業代割増率の引き上げについて、今通常国会に提出する労働基準法改正案に「月80時間を超える残業に50%以上の割増率」という具体的数値を明記することを決めた。当初は法律には数値を盛り込まず、政省令で定める予定だった。法律に割増率を明記して制度が簡単に変更できないようにする。

 明文化で拘束力残業代割増率の枠組みとしては@1カ月の残業時間が45時間以下だった社員に対し最低25A45時間超80時間以下の場合はそれより高い率を設定する努力義務B80時間を超える場合は労使協議に関係なく50%以上という三段階方式を盛り込む。

2007年2月26日の日本経済新聞

中小企業が多い東京商工会議所も「景気拡大が続く今、当面は長時間労働が減ることはない」とみる。中小企業は今回50%割り増しの適用外だが、3年後には『効果が上がらないのは中小が除外されているからだ』と言われ、中小にも適用されるに違いない」と警戒する。

 このように、残業代に対する行政、企業の意識は年々高まっていく傾向にあります。

そして、行政の意識が高まっているということは、残業代を払うよう会社に調査を実施する回数を増やすということです。

また、企業の意識が高まっているということは、あなたの給料のうち、残業代を支払わないリスクの対策を取る必要があるということです。

 つまり、あなたの会社だけではなく、日本の大企業から中小企業に至るまで、「人件費」についてどのように考えているかを知ることによって、あなたの年収が決まってくると言っても過言ではありません。

 

「そうは言っても、サービス残業は当たり前でしょう?」

と思われる方がいらっしゃるかも知れません。

 

確かに、現時点ではサービス残業が横行しているのもまた事実です。

サービス残業をしなければ、一人だけ定時に帰って同じ部署の同僚と気まずくなったり、上司と仲が悪くなったりするかもしれません。

 

しかし、もっと上の経営陣は「とにかく早く帰ってくれ!」と心の中で叫んでいます。

なぜなら、残業が多くなることで、あなたに支払われる人件費が増加してしまうからです。

 

では、仕事が忙しく、上司や同僚と気まずくなるのが嫌な方は、残業代を諦めるしかないのでしょうか? 

いいえ、そんなことはありません。残業時間を減らして出世する方法は、そのノウハウさえ知ってしまえば誰にもでできることだからです。

 

今回、給与.jpが公開するのは、ズバリ!

残業せずに定時で帰り、出世と給料アップを約束するノウハウ。

その内容を「企業の残業代抑制対策に迫る!〜なぜ、給料の減額に気づかない?〜」

で公開しています。

 

このセミナーを受講することで、あなたが目にする内容の一部を挙げると、次の通りです。

・残業代の仕組み

・現在の残業代を取り巻く環境

・労働基準監督署の是正勧告

・残業代を語る上で考えなければならない基本給以外の手当の仕組み

・残業代を語る上で考えなければならない退職金の仕組み

・企業の残業代抑制策に迫る

・退職金制度の見直し

お悩みの方へ

 お悩みの皆様へお伝えすることがあります。

あなたの周りには本当に親身になって相談に乗ってもらえる友人やご家族はいますか?

また、労働問題、出世や残業についてご事情に詳しい専門家はいますか?

これからは何事も交渉の時代です。

相手が会社であっても、個人であっても、まずは相手(法律)のことを理解し、それを実践することで道は拓けるのではないでしょうか。

私はそのように進む人たちを応援していきたいと思っています。

あなたのことを考え、できるだけの低価格で、私も身銭を切ってご提案させていただきました。

どうか思いが冷めないうちに、チャンスと思って今すぐご決断下さい。

それでは本講義でお会いできることを楽しみにしております。

 

「企業の残業代抑制対策に迫る!〜なぜ、給料の減額に気づかない?〜」

は、17,900円 初回限定価格9,980円です。

お申込はこちらから

このページのトップに戻る